ジムマシンの名前一覧

ジムマシンの名前一覧

ジムマシンの名前一覧

フィットネスジムに行くと有酸素マシンやストレングスマシン、フリーウェイト器具など様々な機材がありますが、基本的に名前が英語なため、ジム初心者の方にはどれがどのマシンなのかわからないことがあるかと思います。

本記事ではジムマシンの名前を一覧形式でご紹介します。

カーディオマシン一覧

トレッドミル

ジムマシンの名前:トレッドミル

トレッドミルは屋内でランニングやウォーキングを行うためのフィットネスマシンです。一般的にはランニングマシンとも呼ばれ、家庭用のものはルームランナーとも呼ばれます。

 

アップライトバイク

ジムマシンの名前:アップライトバイク

アップライトバイクは自転車型の有酸素マシンです。自転車と同様に体を直立させて使用するもので、後述するリカンベントバイクと区別されます。エアロバイクやエクササイズバイクなどとも呼ばれます。

 

リカンベントバイク

ジムマシンの名前:リカンベントバイク

リカンベントバイクは上のアップライトバイクと異なり、背もたれに寄りかかって座り、足を前方に向けた姿勢でペダルを漕ぎます。アップライトバイクと比較して楽な姿勢で行えるため、より低い強度での有酸素運動で利用されます。

 

クロストレーナー

ジムマシンの名前:クロストレーナー

クロストレーナーは手と足を前後に動かす有酸素マシンで、1990年にプリコー社によって開発されたものです。エリプティカルとも呼ばれます。実際に走る動作を模倣しながらも、トレッドミルと異なり地面から受ける衝撃がないので関節に負担がかかりません。怪我明けの有酸素運動などで非常に有効です。

 

ステアクライマー

 

ジムマシンの名前:ステアクライマー

ステアクライマーは回転する階段を登ることで負荷をかける有酸素運動マシンです。クライムミルとも呼ばれます。ステアクライマーは実際に階段を登る動作に限りなく近いため、循環器系への負荷のみならず、下半身の筋力を増強する上でも効果の高いマシンです。

 

ロウイングマシン

ジムマシンの名前:ロウイング

ロウイングマシンはボート漕ぎの動作を再現した有酸素運動マシンです。ローワーやロウイングエルゴメーターとも呼ばれます。ステアクライマーと同様に有酸素運動と筋力トレーニングの両方を兼ね、それでいて衝撃が少ないエクササイズなので、関節にストレスを与えたくない方にも最適です。

 

ストレングスマシン一覧

ラットプルダウン

ジムマシンの名前:ラットプルダウン

ラットプルダウンは背中にある広背筋という部分を中心に鍛えるためのマシンです。ラットというのは英語で広背筋を表す"Latissimus dorsi"の略です。一般的には画像のようにラットプルバーを引く形のマシンが多いですが、アームが左右で独立したアイソラテラルタイプや円軌道で動くタイプなどもあります。

 

シーテッドロウ

ジムマシンの名前:シーテッドロウ

シーテッドロウは同じく背中を鍛えるためのマシンですが、ラットプルダウンと異なり、座った状態でハンドル(バー)を引く動作を行います。低い位置のプーリー(滑車)を利用して引く動作からロープーリーロウとも呼ばれ、略してプーリーロウ、ロープーリー、あるいはケーブルロウなどとも呼ばれます。

 

ローワーバック

ジムマシンの名前:ローワーバック

ローワーバックは背中の脊柱起立筋と呼ばれる部位を中心に鍛えるマシンで、Lower Back = 腰背部から由来しています。前屈みの状態から体を起こす動作で、どのメーカーも機構は大きく変わりません。

 

チンアンドディップ

ジムマシンの名前:チンアンドディップチンアンドディップはその名の通りチンニング(懸垂)とディップスエクササイズを行うためのマシンです。画像のようにカウンターバランスを搭載したマシンは動作を補助してくれるので、トレーニング初心者でも安心して利用できます。カウンターバランスがないスタンドタイプであればレッグレイズなどの腹筋エクササイズもできます。

 

ショルダープレス

ジムマシンの名前:ショルダープレス

ショルダープレスは肩にある三角筋と呼ばれる筋肉を中心に鍛えるマシンです。画像のようにハンドルがマルチグリップのタイプが多く、握り方によって負荷のかけ方を変えることができます。三角筋が英語でDeltoidと呼ばれることから、デルトイドプレスと名付けるメーカーもあります。

 

チェストプレス

ジムマシンの名前:チェストプレス

チェストプレスは胸の大胸筋を中心に鍛えるためのマシンです。チェストプレスマシンも様々な種類があり、コンバージェント(収束)と呼ばれる大胸筋を絞り込むような軌道になったものや、上の画像のように円軌道になっているタイプもあります。また大胸筋上部を狙ったインクラインチェストプレス、大胸筋下部を狙ったデクラインチェストプレスというマシンもあります。

 

ペックフライ

ジムマシンの名前:ペックフライ

ペックフライは同じく大胸筋を鍛えるためのマシンですが、チェストプレスとは動作が異なります。フライはButterfly = 蝶に由来し、胸を大きく開いてから両腕を体の中心に絞り込むような動きです。そのためバタフライマシンとも呼ばれます。またペックフライは体の向きを反転させると三角筋後部 = リアデルトを鍛えられるため、ペックフライ/リアデルトというマシン名であることが多いです。

 

プルオーバーマシン

ジムマシンの名前:プルオーバーマシン

プルオーバーマシンは大胸筋および広背筋を中心に鍛えるマシンです。プルオーバーはダンベルを使ったダンベルプルオーバーが有名ですが、より安全にかつ高重量で同じ動作をできるように設計されたのがこちらのマシンです。一般的なジムチェーンでは導入されていないことが多いので、見かけたらぜひ一度使用してみてください。

 

アームカールマシン

ジムマシンの名前:アームカールマシン

アームカールマシンは上腕二頭筋をターゲットにしたマシンです。上の画像のように左右のアームが独立し、体を起こした状態で使用するアームカールマシンと、やや前傾姿勢でパッド上に肘を固定して両腕でバーを引くタイプがあります。後者はプリーチャーカールマシンとも呼ばれます。

 

アブドミナルクランチ

ジムマシンの名前:アブドミナルクランチ

アブドミナルクランチは腹筋を鍛えるためのマシンです。腹筋というとシットアップベンチを使った自重での腹筋がポピュラーですが、こういったウェイト使って負荷をかける腹筋専用のマシンもあります。

 

レッグエクステンション

 ジムマシンの名前:レッグエクステンション

レッグエクステンションはマシンに座った状態で膝関節を伸展するエクササイズで、大腿四頭筋を中心に鍛えるためのマシンです。怪我のリスクも少なく、誰でも気軽に取り組めるので、老若男女問わず人気のマシンです。後述するレッグカールと組み合わさったレッグエクステンション&カールと呼ばれるマシンもあり、特にパーソナルジムやホームジムでは人気です。

 

シーテッドレッグカール

ジムマシンの名前:シーテッドレッグカール

シーテッドレッグカールはマシンに座った状態で膝関節を屈曲するエクササイズで、ハムストリングを中心に鍛えるためのマシンです。レッグエクステンションと同様に怪我のリスクが少なく、安全にハムストリングを鍛えることができます。うつ伏せの状態で行うライイングレッグカールというマシンも人気です。

 

レッグプレス

ジムマシンの名前:レッグプレス

レッグプレスは大腿四頭筋、ハムストリング、臀筋など太もも&お尻の筋肉を幅広く鍛えるマシンです。レッグプレスも様々なタイプがありますが、最もよく使われているのは45度の角度をつけたプレートロードタイプです。上級者の高重量でのエクササイズでも使用されますが、トレーニング初心者の方も気軽に使える便利なマシンです。

 

アダクターアブダクター

ジムマシンの名前:アダクターアブダクター

アダクターアブダクターは内転筋鍛えるアダクターマシンと外転筋を鍛えるアブダクターマシンが一つになったマシンです。両足を開いた状態から中央に寄せていく動作がアダクターで、両足を閉じた状態から外に開いていく動作がアブダクターです。お尻周りの筋肉を効果的に鍛えられるため、特に女性に人気のマシンです。

 

カーフレイズ

ジムマシンの名前:カーフマシン

カーフレイズはふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)を鍛えるためのマシンです。上の画像はスタンディングタイプとなりますが、座った状態で行うシーテッドカーフレイズというマシンもあります。レッグプレスなど他のマシンを代用してカーフレイズを行うこともできるので、一般的なジムでは導入されていないことも多いです。

 

ヒップスラスト

 ジムマシンの名前:ヒップスラスト

ヒップスラストは大臀筋を中心に鍛えるマシンで、メーカーによってはグルートドライブとも呼ばれます。こちらはバーベルを使ったエクササイズも人気ですが、マシンの方がより難易度が低く、特に女性にはおすすめのマシンです。

 

ケーブルクロスオーバー

ジムマシンの名前:ケーブルクロスオーバー

ケーブルクロスオーバーは大胸筋を鍛えるマシンで、左右のケーブルを引っ張り前方で交差させるような動作になります。ケーブルエクササイズはプーリー(滑車)の位置や体の傾きで動作の軌道が変わるため、自由度が高く、トレーニング初心者にはやや難易度が高いマシンとなります。一方でターゲットとする筋肉を狙い撃ちできるという観点でトレーニング中級者・上級者には好まれるエクササイズとなります。

 

スミスマシン

ジムマシンの名前:スミスマシン

スミスマシンは軌道が決められたレールに沿ってバーベルを上下させるトレーニングマシンです。フリーウェイトよりも安全性が高く、トレーニング初心者がベンチプレスやスクワットなどをする際に便利です。またトレーニング上級者がインクラインプレスやショルダープレスといったエクササイズを高重量で行う場合にも重宝します。

 

デュアルアジャスタブルプーリー

ジムマシンの名前:デュアルアジャスタブルプーリー

デュアルアジャスタブルプーリーはありとあらゆるケーブルエクササイズを1台でできるようにしたマシンです。ファンクショナルトレーナーやケーブルマシンとも呼ばれたりします。上でご紹介したケーブルクロスオーバーに加え、プレスダウン、アームカール、サイドレイズ、クランチ、キックバックなど全身をくまなく鍛えることができます。

 

終わりに

ジムマシンの名前を一覧形式でご紹介いたしました。今回は基本的なマシンのみのご紹介となりまして、他にも各メーカーから様々なマニアックなマシンが販売されています。

マシンのことで何かわからないことがあればウチノジムまでお気軽にご相談ください。

Contact Us/Get A Quote

Please feel free to contact us with any questions regarding our products or to request a quote.